読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子登山ガイド亜紀のおすすめ山歩きブログ

登山ガイド亜紀がおすすめする初心者のための山歩きブログです。

1万年前の湿原をそのままに 尾瀬

日本最大の高層湿原

尾瀬は、四季を通じ大自然が人々の心を癒してくれる、
言わずと知れた有名な観光地です。

 

ここは、約1万年前に形成されたと考えられる湿原で、
尾瀬国立公園に指定され、日本百景にも選定されています。

 

名曲「夏の思い出」でも大変有名ですね。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20160920123957j:plain

 

春は水芭蕉、夏はニッコウキスゲ、秋は草モミジなどの花々が、
私たちを迎えてくれます。

 

また、尾瀬は「至仏山」「燧ケ岳」など、
日本100名山としても有名な山が、湿原を囲むようにそびえています。

 

ダム計画が1万年の歴史を奪う

今は自然豊かな尾瀬ですが、歴史を振り返ると、今のようになるまでに、
穏やかではない出来事と大変な苦労がありました。

 

尾瀬は、有数の豪雪地帯で水が豊富だったことから、
明治36年には大規模な水力発電ダムの建設が計画されました。

 

現在の東京電力が水利権を取得し、
1949年には水力発電用のトンネルが完成してしまいます。

 

これは、ダムが完成すれば、
尾瀬は水没するという事を意味しています。

 

今の景色からは想像がつきませんし
想像したくないような酷いことですね

 

しかし、長蔵小屋の初代ご主人、平野 長蔵氏がダム計画の反対を訴え、
尾瀬の自然は守るべきである、という声が政府内にも存往したことから、
この開発を逃れる事ができました。


昭和30年代に入ると尾瀬ブームが起こり、
観光客増加による環境破壊などが起こるものの、
関係者の地道な努力で、その美しい姿を取り戻しました。


今の自然と景色を守るために、私たちもマナーを守りたいですね。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20160920135455j:plain

 

尾瀬がもたらす豊富な水

是非、一生に一度は訪れておくべき!といわれる尾瀬ですが、
楽しみは、「尾瀬ヶ原」や「尾瀬沼」だけではありません。


「日本の滝100選」に選ばれた「三条ノ滝」があり、落差はナント約100m。
ダイナミックに流れ落ちる滝の姿は豪快です。

 

ちなみに、滝の名前は、水量が減ってくると
三筋に分かれることに由来しているそうです。

 

さらに上流へ1km程歩いた先には、
長さ500mにもわたり川床の一枚岩を流れる「平滑の滝」があり、
女性的で優雅な景色を目にすることができます。

 

様々な顔を持つ広大な尾瀬ヶ原は、一日では回り切れません。

 

お風呂が利用できる小屋も数多くありますので、尾瀬を丸ごと堪能できるよう、ゆっくり日数を取って滞在することをおすすめします。