読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子登山ガイド亜紀のおすすめ山歩きブログ

登山ガイド亜紀がおすすめする初心者のための山歩きブログです。

品格と歴史と個性の名山 尾瀬

一度に2座を制覇!

 

山を登る人なら是非チャレンジしておきたい、
人気の「至仏山」と「燧ケ岳」。

 

鳩待峠から山頂を目指す「至仏山」は、
ブナやシラビソの樹林、湿原や高山植物
更にはツルツル滑る蛇紋岩(じゃもんがん)の岩稜歩きが待ち構え、
変化に富んだ山を楽しめます。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20160920140200j:plain

 

尾瀬国立公園の中心に位置する独立峰の「燧ケ岳」は、
東北地方で最高峰の山。


山頂を目指すルートは数本あり、
山頂付近は岩稜に覆われています。

 

三角点は俎板嵓(まないたぐら)にありますが、
最高到達点は10メートル標高の高い柴安嵓(しばやすぐら)
となりますので、是非、両方とも訪れて下さいね。


どちらの山も百名山であり、山頂は遠くの山々や、
尾瀬が一望できる360度の大パノラマ!と申し分のない山歩きが楽しめます。

 

日本百名山には選定基準があるのをご存知でしょうか。

誰が見ても立派な山だと感嘆するような「品格」、
昔から人との関わりが深く崇拝されてきたという「歴史」、
山容・現象・伝統など顕著な「個性」を持ち合わせ、
なおかつ「本人が登頂した山」というのが基準となっています。

 

定番となっている百名山深田久弥さんが選定されたものですが、
貴方も「オリジナル百名山」を選定してみてはいかがでしょう?

 

もっと山を深く知ることができ、
更なる楽しみが増えるかもしれませんよ。

 

環境を守る想い

 

もちろん、尾瀬は山だけではありません。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20160920141134j:plain

 

春には水芭蕉、夏にはニッコウキスゲ、秋には黄金色に輝く草モミジなど、
尾瀬固有種の高山植物にも出合うことができます。

 

ほかには、夜空のまばたく星、湿原を神秘的に舞うヘイケボタル
尾瀬沼の霧が立ち込める幻想的な朝の風景など、楽しみはさまざま。


歩荷の方に会うのがめずらしくないのも、尾瀬ならでは。
そばで見ると圧巻です!


以前は100キロの荷物を背負っていたそうですが、
近年は80キロが主流だとか。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20160907154902j:plain

 

登山で背負う荷物でめいっぱいなのに・・・異次元の世界です。


この歩荷の方がいらっしゃるから、環境が守られ、
また私たちも快適に小屋を利用できるのですね。