女子登山ガイド亜紀のおすすめ山歩きブログ

登山ガイド亜紀がおすすめする初心者のための山歩きブログです。

秘境と秘湯の黒部峡谷

まずは、扇沢より電気で走るトローリーバスで黒部ダム

 

まず、黒部ダムへは、
信濃大町温泉郷側にある「扇沢駅」より、
電気で走るトローリーバスに約16分揺られながら向かいます。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20161116230934j:plain

 

ダムには迷路のようにトンネルが幾つもありますので、
誘導標識に従って進みます。

 

分からない場合は、トローリーバスを降りた所に、
駅員さんが立っていらっしゃるので、
そこで聞いてみましょう。

 

 「下の廊下」を歩くには最低2日間と入念な計画が必要となります。

 

黒部ダムから入った場合、
一泊目の阿曽原温泉小屋までは、
健脚な方でも8時間はかかりますので、
黒部峡谷のこのコースを歩くには最低2日は必要です。

 

秋は日が落ちるのも早いため、
出発時間なども含め入念な計画が必要となります。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20161127143425j:plain

 

 

ここから「下の廊下」の長い道のりが始まります。

 

黒部川に沿って「内蔵助出合」「別山岩屋」
を過ぎると「白竜渓峡」が見えます。

 

激流が白いしぶきをあげながら流れる姿を、
竜に見立てたのでしょうか。

 

その先に、峡谷の中でも
写真スポットで有名な「十字峡」もあります。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20161127144525j:plain

 

二つの沢が黒部川に流れ込む地点で、
十字に見えることからその名が付きました。

 

東谷吊橋を渡り、仙人ダムを超えると
秘境の秘湯!阿曽原温泉小屋へたどりつきます。

 

ここまで来ると「下の廊下」は半分以上過ぎています。

 

断崖絶壁の道と梯子や岩の連続で、
体力・神経ともかなり消耗しています。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20161127202028j:plain

 

山に囲まれた、阿曽原温泉の露天風呂と天然サウナで
ゆっくり疲れを癒しましょう。

 

欅平まで13キロに延びる水平歩道

水平歩道とは、標高約1,000 mを保ったまま
水平に延びている歩道で、仙人平から黒部川上流沿いに
欅平まで続く約 13 km の道のりです。

 

有名な「大太鼓」もここにあります。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20161118174514j:plain

 

ナルホド、太鼓のように見えますね。

 

慎重に足を置きながら進むこと13キロ、
秘境の景色を十分堪能した頃に、欅平へ到着です。

 

欅平駅からはトロッコ列車にゆられながらの紅葉が、
更に楽しめます。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20161127204607j:plain

 

終点は宇奈月温泉ですので、
周辺の温泉入浴とグルメで締めくくるのも良いですね。

 

圧巻のスケールを持つ黒部峡谷
是非一度、体験してみてはいかがでしょうか。