読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子登山ガイド亜紀のおすすめ山歩きブログ

登山ガイド亜紀がおすすめする初心者のための山歩きブログです。

天子山塊の最高峰 毛無山

毛無山は江戸時代まで金山でした

 

毛無山は、山梨県と静岡県の県境に位置する山で、
天子山塊の最高峰でもあります。


金山を有する山でもあり、歴史的には
江戸時代まで採掘が行われていた場所でもあります。

 

毛無山の名前の由来は、
「毛(木)の無い山」からきたものと、
「毛(木)を成す山」の二つの説があります。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20161205191020j:plain

 

現在の毛無山は、どちらかというと
「木成山」といった感じです。

 

もう少し木が少なければ、
富士山やアルプスを堪能しながら登山が楽しめるのに・・・
と思うほど、木が生い茂っています。

 

毛無山という名前の山は、全国各地にあるのですが、
この山が最高峰とされています。

 

コンパクトな山ではありますが急登が続きます

 

コースタイムだけを見れば、
3時間で登れるコンパクトな山のようですが、
急登に苦労を強いられる、実はハードな山なのです。

 

登山口には、車40台分ほどの有料の駐車場があり、
すぐ横のゲートから登山道が始まります。

 

ゲート横の看板下に
登山届を入れるポストもあります。

 

まずは林道を15分ほど歩き、
水のない河原を渡ります。

 

杉林を抜け、広葉樹林帯が始まると同時に
登山道も斜面も急になります。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20161205203355j:plain

 

「はさみ石」という看板のある岩場を
ロープを使って登ります。

 

その先には、毛無山を流れ落ちる「不動の滝」があり
写真スポットとなっています。

 

ここも樹木が生い茂って見えにくいため、
滝見晴台の岩に上がって滝を眺めます。 

 

数ヶ所にレスキューポイントの標識が設置されています

 

毛無山の四合目の看板を過ぎると
広く開けた場所があり、
レスキューポイントの看板があります。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20161205203014j:plain

 

病気や怪我人が動けなくなった場合、
携帯電話で通報するとヘリコプターでの救出が可能です。

 

モチロン、電波が届きます。

 

他の場所にもレスキューポイントの看板がありますので
確認しておきましょう。

 

毛無山の五合目を過ぎるとなだらかな登りとなります。

 

その先の岩場を登ると富士山展望台です。

 

ここで、ホッと一息。

 

休憩もつかの間、更に急登が稜線まで続きます。

稜線から15分ほど歩けば山頂です!

 

f:id:joshi-moutain-guide:20161209013411j:plain

 

 

毛無山の山頂は広く、
平坦な場所で、富士山側のみ眺望があります。

 

のんびり富士山を眺めながら休憩するには最適です。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20161209013619j:plain

 

人気の山でもあり、週末は登山客でにぎわいます。

 

お天気の良い日には、お弁当を持って出かけてみてはいかがでしょうか。