女子登山ガイド亜紀のおすすめ山歩きブログ

登山ガイド亜紀がおすすめする初心者のための山歩きブログです。

一度は登ってみたいと思う山 槍ケ岳

槍ヶ岳は日本のマッターホルン

 

槍ヶ岳の標高は3180m、
北アルプス 穂高岳連邦の中央にそびえ立つ
日本を代表する百名山のひとつです。

 

日本のマッターホルンと呼ばれ、
数ある山の中でも屈指の人気を誇ります。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20180817231429j:plain

槍ヶ岳の穂先は遠くからでも分かるほど 

 

氷河期の形跡が残る貴重な場所

 

槍ケ岳はその名のとおり、
空を突き上げるようにそびえ立っています。

 

山頂の尖った先端は、
長い氷河期による浸食や風化に耐えうる程
特別に硬い岩で出来ています。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20180910164858j:plain

写真の中央には氷河期を証明する状態の良いモレーン

 

槍山頂の麓には、
カールやモレーンも見られ、
2万年前まで氷河で覆われていた
形跡の残る貴重な場所でもあります。

 

槍ヶ岳への代表的なルートは上高地から

 

槍ヶ岳を目指すルートは幾つかあり、
目的や楽しみ方によって選ぶ事が出来ます。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20180910095130j:plain

河童橋より穂高連峰が見渡せます 

 

代表的なコースは、上高地を起点に
美しい梓川沿いを歩く「槍沢ルート」です。

 

上高地のバス停に降り立つと、
飲食・お土産店などが立ち並び、
穂高連峰が見渡せる
賑やかな河童橋を通ります。

 

 

f:id:joshi-moutain-guide:20180910095428j:plain

お天気が良ければ、案内板どおりの風景が望めます。

 

 

また、途中の宿泊施設「明神館」
「徳沢園」「横尾山荘」には、
トイレや水場があり、各施設には
約1時間ほどで歩くことができます。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20180910162846j:plain

人気の徳澤園では美味しい食事やアイスなどが頂けます

 

 

そして、この先にも
休憩所を兼ねた宿泊施設が充実しているため、
体力や目的に合わせて計画を立てる事が可能です。

 

とはいえ、3000メートル級の山ですから、
甘く見てはイケマセン。


長時間の山でも余裕を持って歩けるよう、
事前に十分なトレーニングが必要となります。

 

槍ケ岳へは魅力的なコースが揃っています

 

その他のコースも大変魅力的です。

 

 

f:id:joshi-moutain-guide:20180905171931j:plain

槍ケ岳の稜線を眺めながらの縦走は格別です 

 

新穂高を起点とし、
雄大な風景を存分に味わいながら
槍に近づく「西鎌尾根」ルート。

 

非常にハードな内容であるにもかかわらず、
北アルプス№1!の人気を誇る
中房温泉を起点とした「表銀座縦走」コース。


槍の大きさをダイレクトに感じながら近づく、
南岳、中岳、大喰岳、槍が岳の「槍4峰」コース。

 
それぞれの体力や実力によって、
コースを選ぶことができます。

 

槍ケ岳の穂先部分は登攀技術が必要です

 

槍の肩へ到着してホッと一息。

 

槍ケ岳山荘前のベンチで、
堂々たる槍を間近で眺めていると
時間を忘れてしまいます。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20180911202333j:plain

堂々とそそり立つ槍の姿は圧巻です

 

 
さて。

 

クライマックスとなる穂先登りですが、
簡単ではありません。

 

登攀技術、いわゆる
ライミング技術が必要となります。

 

 

f:id:joshi-moutain-guide:20180910183552j:plain

頂上への登りは、三点支持がしっかり出来る事が最低条件です

 

 

手を使ってよじ登らなければならず、
常に、落石や滑落の危険と隣り合わせです。

 

事故も多く、鎖やハシゴの無い場所もあるため、
三点支持で登れる事が最低条件です。

 

 

f:id:joshi-moutain-guide:20180911205816j:plain

急に雲が沸き、山頂からの景色がなくなりました

 

山頂は、ご覧のとおり
切れ立っていて狭いため、
混雑していると危険です。

 

写真を撮り終えたら、
速やかに下りましょう。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20180911211432j:plain

山頂は狭く危険なため、写真を撮り終えたら下山しましょう

 

晴れていれば
間違いなく360度の絶景。

 

日本のマッターホルン槍ヶ岳」。

 

登山を始めたなら、
一度は頂上に立ってみたいと思う山。

 

天空の槍ケ岳山頂、
3000mへのアプローチも含め、
是非、安全に楽しんでみては如何でしょうか。