女子登山ガイド亜紀のおすすめ山歩きブログ

登山ガイド亜紀がおすすめする初心者のための山歩きブログです。

日本で二番目に高い山 北岳

北岳は日本有数の高山植物の宝庫

北岳は、南アルプス
白峰三山の一番北に位置する、
日本で二番目に高い山です。

 

日本有数の高山植物とともに、
北岳固有種のキタダケソウが
咲く事でも大変有名です。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20170831203637j:plain

堂々とそびえ立つ北岳

 

広河原登山口より大樺沢沿いに歩くと、
沢を眺めながらの登山となり、
美しい緑のトンネルを抜けるコースとなります。

 

夏は、沢の流れが風を運び、
汗をかいた体に涼を与えてくれます。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20170827094450j:plain

水の流れが涼を運んでくれます

 

登山道には、ハシゴやトラバースなどありますが、
道はよく整備されていますので、

安心して歩くことができます。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20170831230417j:plain

登山道はよく整備されています

 

北岳は、多くの花が見られる事でも有名ですが、
近年、鹿に食べつくされ激減しました。

 

現在は、高山植物保護活動の成果もあり、
徐々に花畑が戻りつつあります。

 

この貴重な花畑を残すため、
写真を撮る際は、植物のエリアに立入らず
ズーム機能での撮影を心がけましょう。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20170905185632j:plain

稜線に咲くハクサンイチゲ

 

丁度、タイミングの良い場所に、
白根御池小屋があります。

甲州ならでは!

 

ここで販売されている
桃のソフトクリームは絶品!

 

オススメの一品デス!

 

f:id:joshi-moutain-guide:20170905175122j:plain

水も豊富な白根御池小屋

 

山の天気は変わりやすく、
特に午後からは不安定になります。

 

登山口で雨が降っていなくても、
稜線に上がると、強風や雨
という事も珍しくありません。

 

体を汗で冷やし、
低体温症にならないよう、
衣類調整はこまめに行いましょう。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20170906172036j:plain

稜線では風や雨を避ける場所がありません

 

北岳は百名山でもあり、
登山者の数は多いのですが、
途中で断念される方も少なくありません。

 

山頂まで余裕を持って歩けること、
また、岩場も安定感をもって
歩く技術が必要です。

 

事前にトレーニングを
しっかりし積んでおきましょう。

 

 

f:id:joshi-moutain-guide:20170906174011j:plain

山頂へはガレ場が続きます

 

足元が不安定な
ガレ場を登り切れば北岳山頂!

 

f:id:joshi-moutain-guide:20170827094539j:plain

北岳の山頂!

 

この日はスッキリした景色が
見られませんでしたが
目の前には応報三山のオベリスクが、
遠くには富士山が見えました!

f:id:joshi-moutain-guide:20170912085902j:plain

左側の突起は鳳凰三山のオベリスク

 

北岳は「白い雪をかむった山」
という意味で「白峰山」と呼ばれていました。

 

今でも、山頂の古い道標には
「白根山」と表記されています。

 

f:id:joshi-moutain-guide:2017091<div align=

遠くには富士山も見えます

 

ちなみに、北岳固有種の「キタダケソウ」は、
6月下旬から7月上旬が見頃となります。

 

梅雨時期と重なるため、
見られる日数が限られています。


そういった意味でも貴重なキタダケソウ、
一度、出会いを求めてみては如何でしょうか。