女子登山ガイド亜紀のおすすめ山歩きブログ

登山ガイド亜紀がおすすめする初心者のための山歩きブログです。

高山植物の群生地 佐渡島

希少価値のある島、佐渡島

佐渡島は、新潟県に属する離島で、
朱鷺(トキ)の生息地や金山跡などが有名です。

 

山においては、低い標高にもかかわらず
高山植物を始め、多くの花が自生する
「花の百名山」ドンデン山も存在します。

 

花や鳥だけでなく、歴史や文化に於いても
希少価値のある物が多く残る島でもあります。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20170615132332j:plain

アオネバ渓谷に大群生するシラネアオイ 

 

佐渡島の地名は、
日本書記に出るほど古い歴史があります。

 

今回、ご紹介する佐渡島のドンデン高原も
古くからの放牧地で、記録に残っているだけで
1200年以上という長い歴史を持っています。

 

アオネバ登山道は人気のコースです

 

アオネバ渓谷からドンデン山までは、
大変人気の高いトレッキングコースです。 

 

渓谷沿いには、
花が途切れることなく、
群生しているのが人気の理由です。

 

まず、ドンデン山へは、
アオネバ登山口よりスタートします。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20170520165400j:plain

アオネバ渓谷の登山口 

 

登山口には簡易トイレがありますので、
ここで準備を整えましょう。

 

「アオネバ」とは、その名のとおり
青く粘り気のある土から来ています。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20170615134329j:plain

アオネバの由来となった青い粘土質の土 

 

最初はなだらかな登りですが、
途中から結構な急坂となり、
地面が濡れていると
粘土質の土で滑ります。

 

事前にしっかりとトレーニングを
積んでおきましょう。

 

足を進めるごとに風景が変わり、
ジェラシックパークさながらの場所も!

 

f:id:joshi-moutain-guide:20170615142329j:plain

ジェラシックパークさながらの登山道

 

カタクリ、ユキワリソウ、
キクザキイチゲ、ザゼンソウなど
様々な高山植物の群生も見られます。

 

アオネバ十字路からは残雪に注意

 

アオネバ十字路までくれば
ホッとひといき。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20170620165406j:plain

アオネバ十字路 

 
ここからなだらかな登山道になりますが、
その年によって、残雪量が違います。

 

雪が多ければ、
10本爪以上のアイゼンが必要となり、
それなりの技術が必須となりますので、
シッカリと下調べをして入りましょう。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20170615151915j:plain

腐った雪にも注意

 

ドンデン山は「尻立山」と書き、
頂きの丸い山のことを意味します。

 

アオネバ十字路から
ドンデン山に向かうと、
次第に視界が広がってきます。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20170608121053j:plain

ドンデン高原の湿原に白く輝く水芭蕉の花

 

大空広がるドンデン高原

 ドンデン高原では
6月から10月頃まで、
牛が放牧されています。

 

1200年前と同じスタイルのまま、
牧場はありません。

 

ここでは野生に近い状態で
飼育されているのです。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20170620144354j:plain

山頂近く、眼下に広がるドンデン高原

 

山頂直下の整備された
階段を登ればドンデン山。

 

頂上からは、
鳥海山や飯豊山、北アルプスの
白馬岳や剱岳の大パノラマ!

 

さて、景色を堪能したら
ドンデン山荘まで
気を抜かずに歩きましょう。

 

f:id:joshi-moutain-guide:20170607173043j:plain

人気のドンデン山荘

 

 2005年に建てられたドンデン山荘は、
小さいながらも、美味しい食事と
絶景を堪能できる綺麗な山荘です。

 

佐渡島は小さい島でありながら、
多くの歴史や文化、自然が残されています。

 

そうそう、
4月には「佐渡トキマラソン」がありますので、
佐渡の風を切って走るのも良いかもしれません。

 
日本一を誇るトビシマカンゾウの群生地、
大野亀もおすすめです。

 

是非一度、希少価値のある
佐渡島へ訪れてみてはいかがでしょうか。